| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

常総市(茨城県) いいとこいっぱい 千姫が見たもの


第13代水海道千姫さまとして、2009年12月〜2012年3月まで茨城県常総市の観光大使をすることになりました♪
せっかく選ばれたから、貴重な体験・経験、ブログにしちゃいます!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
ガーデン巡り 2

  今日は、4月26日に行った、「赤城自然園の報告です

こちらは、もはやガーデンではないですね、ですね。

でも、人の手が入り、何年もかけてうっそうとした木々を整理し、色々な山野草や花木を植栽し、自然の中で今も人の手で管理している「山」です。

ゴージャスなガーデンに見慣れた私は、正直感動しました


  まずは、アカヤシオ(ヤシオツツジ)

初めて見るツツジでしたが、そのお花の柔らかさ(花の色や、花びら、雰囲気全体的な柔らかさ)に感激。

あまり一般的には出回っていないツツジで、個人のお庭で育てている人はとっても少ないようです。

早春の、冬から目覚めて楚々と花開く、その喜び溢れる風景。


  そして、こちらもちゃんと見るのは初めてのカタクリ

うつむき加減の、楚々とした花。

でも、それが見渡す限り一面に咲いていると、とっても感動的!

ゴージャスではない分、逆に、厳しい冬を越え、春の兆しを感じるというしるしという趣き。

写真を見て分かるように、落ち葉の中から芽を出し、少しずつ芽を伸ばし、咲きましたという所が、早春という季節をしみじみ感じられ、素敵なんですよね。


  ローズガーデン坂野も、「(里)山」の中のお庭」なので、早春は似たような雰囲気があります。

そして、イメージとしてはこんな風合いにしたいと思うんですよ。

私のイメージとしては、早春は、芽吹きの喜びを感じられるお庭に・・・。

初夏は、華やかで清らかな、暖かくなった季節を喜ぶ元気なお庭に。

夏は、木陰と緑で涼しげな、ホッとできるお庭に。

秋は、冬を迎える前の最後のお花を楽しみ、そして木の葉色づき舞い落ちる、はかなさと寂しさを兼ね備えたお庭に・・・。

今は、そんなお庭を作るためにも、色々なガーデンを見て、お勉強中です

まだまだ、先は長そうー。

黄色いスイセンの中に、紫のサクラソウ、色合いがかわいい!

とか、一緒の場所に植えてあげるお花の組み合わせを考えるのも、楽しいですね。


  さてさて、先日ご紹介しました、ローズガーデン坂野内で行われる「マーちゃんのバラガイドツアー」は、今年は草花の解説もしてくれる予定です

バラの名前や、そのバラにまつわる歴史なども気になりますが、足元を飾っている宿根草が何なのか、気になっていらっしゃる方も多いと思いますので、是非どんどん質問してください!



  
【ローズガーデン坂野】
常総市大生郷町2046
http://home2.netpalace.jp/RoseGardenSakano/


JUGEMテーマ:花のある暮らし
 
|22:25| 日々のあれこれ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 千姫 - -
スポンサーサイト
|22:25| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








こんばんは。こち亀号(旧・シリウス号&フローラ号命)です。

お久しぶりでございます。このブログの書き込み久々です。

やしおつつじとカタクリ、見事きらびやかに咲いてますねッ。

話変わり、常総市内は空気のいい場所ですし、わたくしは秋になったら、ローズガーデン坂野さんへ一度おじゃましてみたいです。

熱中症にならないよう気を付けてください。
posted by こち亀号 | 2011/07/20 8:44 PM |
>こち亀号さん
こんばんは。お返事遅くなってゴメンナサイね。
是非、秋に遊びにいらして下さい。
ローズガーデン坂野の秋の見頃は、大体10月末〜11月初旬です。
でも、秋はお花の咲き方や散り方がゆっくりなので、霜さえ降りなければ、深秋でもとってもきれいですよ。
その、秋のシーズンに向けて、暑い今、お庭のお手入れ頑張っています!
こち亀号さんも、熱中症に気をつけてください。
posted by 千姫 | 2011/07/24 9:53 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://13-senhime.jugem.jp/trackback/132
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.